Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 江國香織『薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木』  ★★★★ | TOP | 米原万里『旅行者の朝食』  ★★★★ >>
小川洋子『余白の愛』  ★★☆
耳を病んだわたしの前にある日現れた速記者Y。その特別な指に惹かれたわたしが彼に求めたものは…。記憶の世界と現実の危ういはざまを行き来する。幻想的でロマンティックな長篇。瑞々しさと完成された美をあわせ持つ初期の傑作。(Amazon)

 文章は何を読んでも上手いと思うが、読んだ後で「どうしろと……」と言いたくなってしまう本がいくつかあって、本書はそれだった。笑 わかってる、ストーリーテラーじゃないことはわかってるんだ。人体の一部へのフェティシズムは通常営業でした。
 あと弟系キャラの現実感のなさ(褒めている)。小川洋子と江國香織を読むと、おれのかんがえたさいきょうの弟系きゃら……って思うよ。
| 現代小説(国内) | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/952959