Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
藤原伊織『ひまわりの祝祭』  ★★★★
自殺した妻は妊娠を隠していた。何年か経ち彼女にそっくりな女と出会った秋山だが、突然まわりが騒々しくなる。ヤクザ、闇の大物、昔の会社のスポンサー筋などの影がちらつく中、キーワードはゴッホの「ひまわり」だと気づくが……。名作『テロリストのパラソル』をしのぐ、ハードボイルド・ミステリーの傑作長編!(Amazon)

 まったく女性の扱いがひどい本だなというのが一番の感想なのだが、それでも原田の前には膝をつかざるを得ない。初期の作品なので、文章的には後期のそれに及ばないけれど、しかし原田……。これほどのキャラクターには滅多にお目にかかれませんね。オタク的な意味で。
| ハードボイルド | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
津原泰水『爛漫たる爛漫』  ★★★
熱烈な支持を受けてきた“爛漫”のボーカル、新渡戸利夫が急逝した。音楽ライターの娘にして絶対音感を有する不登校児、向田くれないが、その死にまつわる謎を追いはじめる。くれないを導くのは、利夫の兄鋭夫、そして彼女が父と信じるギタリスト岩倉理。人気ロックバンドに襲いかかった嵐、それに翻弄される青春の惑いを描いて、著者の少女小説時代をも甦らせた、全く新しい音楽小説。(Amazon)

 これも読み過ぎでそろそろ記録する必要はないんだが、このシリーズは構成が複雑なだけあって、やはり1冊目でリタイアする人が出てくるのではないかと余計な心配をしてしまう。全部分かった上で読むときちんとハマるけど、そうじゃないと迷子になる。
 最後まで読むと傑作なので是非読んでほしい。
| 現代小説(国内) | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
津原泰水『ブラバン』  ★★★★★
 何十回読んでるんだという勢いだが毎回いい小説だなと思いながら泣くんだ。本当に好きだ。
| 現代小説(国内) | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤原伊織『遊戯』  ★★☆
「現実とネットの関係は、銃を撃つのに似ている」。ネットの対戦ゲームで知り合った本間とみのり。初対面のその日、本間が打ち明けたのは、子どもの頃の忌まわしい記憶と父の遺した拳銃のことだった。2人を監視する自転車に乗った男。そして銃に残された種類の違う弾丸。急逝した著者が考えていた真相は。(Amazon)

 未完の遺作。連作短編だったのがせめてもの救いか……残念だ。どういう結末が用意されていたのか知りたかった。藤原伊織作品においては子供も結構悲惨な目に遭うなと今更思いました。まあだいたいみんな悲惨な目に遭う。それがハードボイルドだ。
| ハードボイルド | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
津原泰水『ピカルディの薔薇』  ★★★★☆
作家として歩み始めたものの、相も変わらず貧困と怪異から手招かれてばかりの「おれ」こと猿渡。これは酔夢か現か。五感を失った人形師、聖女の伝説に彩られた島、弾く者を過去へと誘うウクレレの音色、彼の祖父が目にした満洲―。ユーモラスかつ哀切に満ちた文章が織り成す、幻想と怪奇。「文体の魔術師」津原泰水の超人気シリーズ、書下ろし短篇を加え待望の初文庫化。(Amazon)

 買う前は単行本で読んでいたので、文庫書き下ろしの「枯れ蟷螂」があることを知らなかった。そして今、ちくま文庫の帯に「『蘆屋家の崩壊』書き下ろし短編を増補」という文字に気づいたのだが……買えと……既に集英社版を持っているけど買えと……。単行本の装丁は素敵だと思います。
| 怪奇幻想 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤原伊織『名残り火』  ★★★★☆
飲料メーカーの宣伝部課長だった堀江の元同僚で親友の柿島が、夜の街中で集団暴行を受け死んだ。柿島の死に納得がいかない堀江は詳細を調べるうち、事件そのものに疑問を覚える。これは単なる“オヤジ狩り”ではなく、背景には柿島が最後に在籍した流通業界が絡んでいるのではないか―。著者最後の長篇。(Amazon)

 配分を間違えてうっかり読み終えてしまった。三上の思わせぶりなところといい、堀江と大原の関係といい、シリーズは二巻で終わる予定ではなかったのだろう。つくづく残念である。いつもながら面白いです。
| ミステリ・エンタメ | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤原伊織『てのひらの闇』  ★★★★☆
飲料会社宣伝部課長・堀江はある日、会長・石崎から人命救助の場面を偶然写したというビデオテープを渡され、これを広告に使えないかと打診されるが、それがCG合成である事を見抜き、指摘する。その夜、会長は自殺した!!堀江は20年前に石崎から受けたある恩に報いるため、その死の謎を解明すべく動き出すが…。(Amazon)

 初期と比べてかなり読みやすくなってると感じる。文章は端的で改行も適切だ。面白いしね。まあ女性の扱いは全体的に悪いけどね。笑 男性もいいとは言えないか……。
| ハードボイルド | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤原伊織『テロリストのパラソル』  ★★★☆
史上唯一の、直木賞&江戸川乱歩賞ダブル受賞作!
新宿に店を構えるバーテンの島崎。ある日、島崎の目の前で犠牲者55人の爆弾テロが起こる。現場から逃げ出した島崎だったが、その時置き忘れてきたウイスキー瓶には彼の指紋がくっきりと残されていた……。(Amazon)

 うっかり読み切ってしまった。面白かった。これがデビュー作の気がしてたけど『ダックスフントのワープ』が先にあってすばる賞まで穫ってたんだっけ。必要な要素は全部詰まってる感じはする。相手方の衆道(あえてこう書く)描写、好きですよね。性的暴行の結果や売春の過去によって主人公から身を引く女性、好きですよね。ハードボイルドの男性主人公は男にも女にもモテなくてはいけない法則があるんだろうか。チャンドラーくらいしか読んでないからわからないわ。女性主人公はモテなくていい気がする(若竹七海の葉村シリーズ)
 ところでラストシーンはチャンドラー『長いお別れ』を想起させるな。
| ハードボイルド | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤原伊織『ダナエ』  ★★★
世界的な評価を得た画家・宇佐美の個展で、財界の大物である義父を描いた肖像画が、切り裂かれ硫酸をかけられるという事件が起きた。犯人はどうやら少女で、「これは予行演習だ」と告げる。宇佐美の妻は、娘を前夫のもとに残していた。彼女が犯人なのか―。著者の代表作といえる傑作中篇など全3篇収録。(Amazon)

 表題作は大変藤原さんらしい女性の使い方だと思いますね……。男であそこまでの献身を強いられる、性的犯罪や虐待および死をもって表現させられるキャラクターはいないだろ。いや女性の名誉を守るために自殺した男はてのひらの闇にいたけど。
 いかんせんレイプや性的虐待やハラスメントに遭う女性が多すぎる。「いざとなったら風俗」を男性作家が女性キャラクターに言わせるのも私は嫌いである。このような女性の使われ方には大変腹が立つのですが、作家としてはとても好きなんだよな。ホモソーシャルのハードボイルドだね。
 『シリウスの道』が一番本領発揮してるかなあ、企業内部のあれこれをエンタメとして書くのがとても上手いし、何より文章上手いしなー。『遊戯』終わらせてほしかったよなあほんと。
| ハードボイルド | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤原伊織『シリウスの道』  ★★★★
大手広告代理店・東邦広告に勤める辰村祐介には、明子、勝哉という2人の幼馴染がいた。この3人の間には、決して人には言えない、ある秘密があった。その過去が25年の月日を経た今、何者かによって察知された…。緊迫した18億円の広告コンペの内幕を主軸に展開するビジネス・ハードボイルドの決定版ここに登場。(Amazon)

 藤原さんの著作の中では女性がそこまでひどい目に遭わない(ひどい目に遭う=『ひまわりの祝祭』『てのひらの闇』)。会社小説としてとても面白いと思う。時代が大分変わってしまったけれども。男性キャラクターは生き生きしてるね。
 藤原伊織を読むと文章を簡潔にするとはどういうことか意識するようになるのでよく読みます。
| ハードボイルド | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |