Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
『I LOVE YOU』インタビュー
 ダ・ヴィンチの九月号を図書館でぱらぱらと見ていたら、ふいに目に飛び込む見覚えのある表紙……てか人物……ってこれは! 本多さんじゃありませんか! 男性作家による恋愛アンソロジー『I LOVE YOU』のインタビューが載っていたのです。
 伊坂さんと本多さんの夢のコラボレーション(コラボではない)(その二人しか目に入っていない)。石田衣良も恋愛小説は好きだし、市川拓司は話題になっていたし、あとの二人は知らなかったけれど好きだなあと思える小説を書いていた。つまり、全体的にこの本好きだった。男の夢が詰まっていてくすぐったいけれど、現実には有り得ないだろって突っ込みたくなっちゃうけれど、好きなんだからしょうがない。
 さて、最初に石田衣良(司会役らしい)に話を聞かれているのは伊坂さん。この人、どのインタビュー読んでも思うんだが、本当に本多さんが大好きだよね(笑)他にも四人いるというのに、本多さんへラブコール。すごい。本多さんしか見えてない(そんな伊坂さんしか私は見えてない)。否定しようのない事実ですが伊坂さんの方が売れているのに、伊坂さん→本多さん。違、邪な目で見てないですってば! 微笑ましいと思っているのです。私はお二方が大好きなので。
 石田衣良のことをあややと同じベクトルですごいと尊敬する自分がいます。よくぞ、臆面もなく、そんなことできるなあ……! っていう(笑)「かわいいふりをしてみました」「こういうの得意です。可愛らしく、過不足なく、短くきれいにまとめる」おおお……ここまで言い切れる彼が羨ましい。実際その通りにまとまっているんだからぐうの音も出ません。
 市川拓司が『いま、会いにいきます』の半分は自分の恋愛経験、と言っていてびっくり。どこらへんがノンフィクションなんだろう。石田&市川は恋愛に関して人より恥ずかしいと思っていないんだと。そうだなー、そんな感じだ。あと市川拓司は顔も予想通りっていうか納得。
 伊坂さん、老けたんじゃない? 本多さんはいつかかつくらにのっていた写真が一番かっこよかった。

 中田永一=乙一説がまことしやかに囁かれてるんですけど!!
 えー知らなかったよー。確かみたいだし。乙一だったのかよ。人間レベルというネガティブな発想は乙一だったのか。本当に!? 軽くパニックに陥っています。

 特集はライトノベル。気になる本をあげておく。
  とみなが貴和『EDGE』
  冲方丁『マルドゥック・スクランブル』
  秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏』
  桜庭一樹『推定少女』
 米澤穂信ってライトノベル作家に分類されるの……? ヤングアダルトくらいに思ってた。
| ----雑記 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
『亡国のイージス』映画
 祖父母の家に遊びに行った際、付き合っている人と(彼も実家に帰っていたので)見に行ってきた。原作における素敵エピソードや台詞がばっさりとカットされていて、泣き所がさっぱりわからなかったのだが隣で彼は泣いていたので面白かった(笑)どこで泣くんだ。私も泣きたかった。再読して挑めばよかったのか?
 うーん、本を映画化ってのは見てはいけないものなのかなあ。期待しすぎちゃうからなあ。あの分厚さを二時間に収めるなんて、無理だと分かっているけれど……。一人一人の歩みを知った上でなくちゃ、あの感動を味わえないのだ。特に如月行ね。あいつが心を開くまでにどれだけのものがあったか……! ビジュアル? ううん、系統的にはあんなんだろうけど、行はキムタクにも負けないからさあ。求めすぎか。死にそうなくせに普通に喋ってたね彼。
 ええ、キャストはとっても豪華でした。仙石さん、ありかもしれない。ヨンファは私の中ではぴったりだと思っていたから満足。艦長は……あんまり目につきませんでしたごめんなさい。渥美さん、瀬戸さんとのコンビがえもいわれぬ感じで……! 何だあのツーカー。おいしすぎる。ハンカチ、ハンカチ……。
 全体的にはどうなんでしょうね。微妙かな。いっそドラマ化しちゃえばいいのに。十時間くらいかけられるじゃないさ……(んな無茶な)。ローレライとうぶめは誰かにDVDを借りる予定。絶対サークルの人が買うはず。せこいいよ私。
| ----雑記 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
若竹七海ベスト3
 ざれこさん主催の若竹七海企画に参加させていただきます! よろしくお願いします!

 1位 スクランブル
 2位 悪いうさぎ
 3位 サンタクロースのせいにしよう

 彼女の本を読み始めたのは最近なので、既読の7冊の感想がこのブログに載っているのでよろしければ見てみてください。毒のぴりりときいた(時にはききすぎた)話の虜です。女性の喋り方がかっこいいのも特徴。さて、次は何を読もうかな。
| ----雑記 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(1) |
瀬尾まいこベスト3
幸福な食卓
幸福な食卓
瀬尾 まいこ
 テストが終わったところで(あと一つ残ってるけどもういい)参加させていただきます。今日早速閉館間際の図書館に駆けつけて9冊ほど借りてきました。ああ、ビバ夏休み……!
 本題に入ろう。彼女の単行本は5冊しかでていないのね。私が読んだのは4冊とアンソロジー『Teen Age』に入っていた狐フェスティバル。

 1位 幸福な食卓
 2位 図書館の神様
 3位 卵の緒

 幸福な食卓は不動の1位です。もうボロボロ泣いたからね。直ちゃんラブ。図書館は初めて読んだ瀬尾作品。題材の勝利かな。垣内くんラブ(黙れ)。卵の緒は名台詞が目白押しでした。……てか全部よかったから決めかねるよ。
 あと『優しい音楽』を読みました。これは他と比べて軽めだったので、ランク外ということで。『天国はまだ遠く』が未読。予約してくればよかった! 新刊を出したら追っかけたい作家です。
| ----雑記 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(2) |
横山秀夫ベスト3
第三の時効
第三の時効
横山 秀夫
 結構読んでるつもりだったのに、13冊中8冊しか読んでいないことに気付く(しかも『動機』なんて読んだことを覚えていなかった)。……全然駄目じゃん。悔しいのでコンプしたいです。……恩田陸、若竹七海、その他もろもろ、いつになるやら? トラキチさん、今回もよろしくお願いします〜。

 1位 第三の時効
 2位 クライマーズ・ハイ
 3位 真相

 1、2は不動。第三の時効は話・キャラクターともに素晴らしかったかと。三つのチーム(?)が争いながらほろりと泣かせるところは最高でした。潤ってた! そして矢代くんの満面の笑みはきっと恐ろしいに違いない。クライマーズ・ハイも涙ぐみながら読了。新聞記者にはなれねえぜ……! と思いました。真相はあの救いようのなさがよし(笑)。良い悪いで割り切れるものじゃないものね。3位は今でも迷ってるけど、色々考えてこれにしました。恩田陸の時は男子高生好きが全面に押し出された感じになったけど、今回はオヤジだね。横山さんはナイスオヤジを書きますからね。
 他に既読なのは、『半落ち』(ミステリ&オヤジ好きになる前に読んだので大して楽しめなかった)、『顔』(女性主人公は新鮮だった。ドラマやってたね)、『動機』(ちゃんと感想を書かなかったことを悔やんだほど覚えてない)、『臨場』(誰か「声」を解説してください頼むから。タバコの話は最近どっかで見たんだがどこだ?)、『影踏み』(横山秀夫がこういうものを書くとは!)でした。ううん、最近めっきり読んでないぞ。
| ----雑記 | 00:14 | comments(0) | trackbacks(3) |
恩田陸ベスト3
ロミオとロミオは永遠に
ロミオとロミオは永遠に
恩田 陸
 恩田陸は好きなのに、15冊ほどしか読んでいないのです。今年中に全部読めればいいなあ……! そんな作家が山ほどいるんだけどね。

 1位 ロミオとロミオは永遠に
 2位 ネバーランド
 3位 MAZE

 ロミオ〜は最近読んで、とてつもなく面白かったので。あのはじけたノリが最高! 厚さなんて読み始めれば気にならないからお薦めです。続いてネバーランドも男子校もの。私の趣味でしたごめんなさい。恩田さんの学生ものが好きなんだ。3位は木曜組曲と夜のピクニックも迷ったのですが、相当前に読んだのに関わらず凄く怖かった思い出のあるMAZEにしました。象と耳鳴りとかかなり読みたいんだけど、小夜子の内容を忘れちゃったので再読してからの方が良いかしら。
| ----雑記 | 21:04 | comments(0) | trackbacks(2) |
伊坂幸太郎ベスト3
チルドレン
チルドレン
伊坂 幸太郎
 トラキチさん主催のMy Best Books!の企画、とても面白そうな上に私の好きな作家続きなので、はじめましてですが図々しく参加させていただくことにしました。

 1位 チルドレン
 2位 重力ピエロ
 3位 ラッシュライフ

 読んでいる最中に一番感動したのは重力ピエロなのですが、思い返してみるとチルドレンの温かさが大好きだなあと。「甘いかな」ってのがたまらんです……! ラッシュライフは物語の構造に感動したので。
 伊坂さんは魅力的なキャラクターを沢山産み出してくれるので、これからも楽しみでなりません。死神の精度早く読みたいー!
| ----雑記 | 20:51 | comments(2) | trackbacks(2) |