Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
河野博子『アメリカの原理主義』  ★★★★☆
アメリカの原理主義
アメリカの原理主義
河野 博子
 原理主義、ファンダメンタリズムを辞書で引くと、聖書に書いてあることが歴史上起こった事実であり、そこに預言された通りのことが起きるとの信条を指す、とある。もともとは、公立小中学校で進化論を教えることに反対し、聖書の記述を科学的、歴史的真実として絶対視する人々の信条を意味する言葉だった。
 これを一つの起点に、聖書にしがみつき科学を理解しない頑迷な人々というイメージを払拭し、極右の反ユダヤ、白人優越主義と袂を分かち、現代の広い層に受け入れられるよう発展してきたのが、宗教右派だ。彼らが一般に訴えたのが、ヨーロッパから新大陸に渡り、米国を建国したプロテスタント清教徒の原理だった。連邦政府の干渉、規制を斥ける建国の原理原則をベースに、「世界政府」を忌み嫌いつつ、米国の使命としての自由の拡大に邁進する――という姿勢、情緒的思考は、米社会の底流に広がり、現代アメリカを彩るアメリカの原理主義を形作っている。

 うー反米になりそう(笑)
 長く特派員としてアメリカ社会の変容を見つめてきた著者が、「社会の座標軸がズズッと右にずれたような変化」を感じ始めたのは一九九〇年代半ば。アメリカ国内で繰り返される不可解なテロ、中絶や同性愛をめぐる深刻な軋轢、信仰の熱心さが生み出す分極化―文化の多様性を拒む何かが、地下からはっきりと姿を現していた。現地での取材、インタビューを積み重ね、著者は、その源流が清教徒による建国思想、過激な反連邦政府意識、白人優越主義などに端を発する、「アメリカ原理主義」ともいうべき宗教右派の動きに結びついていくのを知る。(カバー折り返し)
続きを読む >>
| 神話・宗教・思想 | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジョン・クラカワー『信仰が人を殺すとき』  ★★★★☆
信仰が人を殺すとき - 過激な宗教は何を生み出してきたのか
信仰が人を殺すとき - 過激な宗教は何を生み出してきたのか
ジョン・クラカワー, 佐宗 鈴夫
「だが、人生には、幸せよりも大事なことがあります。たとえば、自分で自由にものを考えることです」

 信仰全般についてではなく、モルモン教について。最近起きた事件を導入として、モルモン教のおこりから今に至る歴史を見ていく。二段組で文字がぎっしり詰まっている上に、中身もみっしりなので、結構時間をかけて読みました。内容も内容だしね。
 アメリカでは、モルモン教徒は長老派教会の信者より多い。世界では、ユダヤ教徒より多い――「神の命令」に従い弟の妻とその幼い娘を殺した熱心な信徒、ラファティ兄弟。なぜ、熱心な宗教者たちが殺人者となり得たのか? 理性と信仰、原理主義と人間の倫理の問題など宗教の深い闇に迫った渾身のノンフィクション。(Amazon)
 モルモン教という宗教については耳にしたことがある程度で、何も知らなかった。もともと無宗教であり宗教に対する軽い嫌悪感を持っている私には、モルモン教徒(特に原理主義者)の激しさは全く理解できないし、それなら原理主義者が堕落してると言うような、会社っぽい本流のモルモン教の方がはるかにマシに見える。マシって言い方は棘があるかなあ。でも、白人至上主義・男尊女卑・一夫多妻などマイナス面を見ていると、有色人種で女性の私には受け入れられない。
 生まれた頃からそういう価値観のもとに育てられたら、染まってしまうのは当たり前なんだけど……私は宗教色も薄く「科学的」な教育をほどこされてきたので、本当にわからないんだよね。お互い、自分の核になっている価値観を打ち破って相反するものを受け入れるのは、とても大変なことだろう。私はその努力をしていないししようとも思っていないけど。
 この本はモルモン教への反感を抱かせるための本じゃない、もちろん。初めて得る知識に私が嫌になってしまっただけ。その名の通り、どうして信仰が人を殺させてしまうのか? ってことを考察しております。信仰は自分を特別視・絶対視するためのものだと思う。
| 神話・宗教・思想 | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
AERAムック「日本神話がわかる。」
日本神話がわかる。
日本神話がわかる。
 ギリシアに行くにあたってギリシア神話の有名な話は知っておきたいので、図書館で神話の棚を物色してたんですが、結局借りたのがAERAムック「日本神話がわかる」でした。まずは日本かなって……! 日本神話ってイザナギ・イザナミやヤマトタケル、アマテラスとスサノオくらいの名前しか知らないんだもの。中身はそれらの有名どころを紹介しつつ、様々なキーワードに絡めて日本神話を論じておりました。面白いとこは面白く読み、眠いところはとばしました。雑誌のいいところは書き手がばらばらなので、読んでてずっとつまらないということがない点ですね。
 イザナギ・イザナミは日本を生んだわけで、天地開闢したわけではないんですね。ウィキで調べてみました。お、日本神話って、神が世界を作ったわけではないのか。
 日本書紀における天地開闢のシーンは、性別のない神々の登場のシーン(巻一第一段)と男女の別れた神々の登場のシーン(巻一第二段・第三段)に分かれる。

 聖書だとまず神がいて「光あれ」とか言って世界をつくっていくんじゃなかったっけ。これは神話とはまた別か。(ヘブライ人の神話「旧約聖書」ってなってた。旧約聖書はちょっぴりかじりました)日本では混沌としたものが天と大地に落ち着いてから、神が生まれてきたみたいです。知らなかったぜ。神はぽこぽこ七組十二柱(神は柱が数える単位)も生まれ、最後に生まれたのがイザナギ・イザナミのペアだったと。
 国を生んだ二人の話はなかなかドラスティックで面白かったです。男って、昔っから待てなかったんでしょうか。ちなみにアマテラス・ツクヨミ・スサノオのきょうだいはイザナギが両目と鼻を洗った時に生まれてきたらしいので、二人の愛の結晶は日本の大地だけみたいですね。
 てかウィキに有名どころがちゃんと載ってます。便利すぎるぜ。関係ないけどウィキの日本語の項も面白いですね。秀逸な記事。
 この世の物語は全て神話が基本である、みたいなことを聞くので、もっとちゃんと勉強したいんですが(専攻である人類学にも関わるわけだし)、いかんせん世界が広いなあと思う次第です。世界は広いのに世界各地の神話には共通点があったりして、ホモサピエンス考えることは一緒だな……とも思います。とりあえず次はギリシア神話の有名どころを。あとは何だろ、ローマ神話とか? インド神話面白そうですよね。シヴァと妻パールヴァティーの夫婦もすごい情熱的。しかも子供は象って。
 ちなみに神道は宗教とは違いますとも書かれていて、そうなんですか、と思いました。
| 神話・宗教・思想 | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
堀川哲『エピソードで読む西洋哲学史』  ★★☆
エピソードで読む西洋哲学史
エピソードで読む西洋哲学史
堀川 哲
 面白かったんだけど、著者の好悪が前面に出すぎだったかな……と。私はなるべく公平な視点で哲学史を見たかったので。人が書いている以上そんなことは無理だとわかっているけど、原典にあたるのはちときついんだよな(笑)
 大体がわかったところで(本当か?)もうちょっと突っ込んだ本にもトライしてみたいです。大学生が哲学に興味を持つのは昔も今も変わらないようで。中2病っぽいな。
 イギリスはフランスコンプレックスみたいなものを持っているけど、哲学の分野では少なくとも一時、フランスがイギリスに傾倒していた時期があると知って満足。全体的にはイギリスの片思いっぽいけどね(笑)フランスは昔から文化の国なんだろうか。イタリアは軍事的に弱かったからなあ。
| 神話・宗教・思想 | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニッコロ・マキアヴェリ『君主論』  ★★★★
新訳 君主論
新訳 君主論
ニッコロ マキアヴェリ, Machiavelli, 池田 廉
 これにつけても覚えておきたいのは、民衆というものは頭を撫でるか、消してしまうか、そのどちらかにしなければならない。というのは、人はささいな侮辱には復讐しようとするが、大いなる侮辱にたいしては報復し得ないのである。したがって、人に危害を加えるときは、復讐のおそれがないように、やらなければならない。

 たほう、人間は、恐れている人より、愛情をかけてくれる人を、容赦なく傷つけるものである。その理由は、人間はもともと邪まなものであるから、ただ恩義の絆で結ばれた愛情などは、自分の利害のからむ機会がやってくれば、たちまち断ち切ってしまう。ところが、恐れている人については、処刑の恐怖がつきまとうから、あなたは見離されることがない。

 なかなか鬼畜じみたことを仰ってますマキャヴェリ!笑 上の論理は舞城の奈津川二郎と同じですね。やるときは徹底的にぶちのめして恐怖政治をしいてやれ。
 歴史に興味の出てきた私にとってはその背景にときめきしきりでした。うあーもう一回読み直してメモ取りたい。
| 神話・宗教・思想 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
永井均『<子ども>のための哲学』  ★★★☆
<子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス
<子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス
永井 均
 子どもの哲学の根本問題は、存在である。森羅万象が現にこうある、というそのことが不思議で、納得がいかないのだ。

 青年の哲学の根本課題は、人生である。つまり、生き方の問題だ。いかに生きるべきか――このひとことに青年の問いは要約される。

 大人の哲学の最重要課題は、世の中のしくみをどうしたらよいか、にある。生き方や人生の意味とは別の、社会の中での行為の決定の仕方が問題になる。

 老人の哲学の究極主題は、死であり、そして無である。それを通じてもう一度、子ども時代の主題であった存在が、もんだいになるだろう。

 本書ではタイトルどおり子どもの哲学を取り扱う。「ぼくはなぜ存在するのか」「悪いことをしてなぜいけないか」。誰しもが疑問に感じたことがあるのではないだろうか。
 高校の頃、聖書の授業で「私は××(性質)である」というのを十枚の紙切れに一つずつ書きなさい、と言われた。××に入るのは名前でも好きなものでも何でも良いとのこと。それが終わると、自分にとって大事な順番に並び替えろという指示。私は「私は○○(本名)である」の紙を一番にしたんだけど、それを見た友達が「そんなに自分の名前が好きなの?」。いや、確かに自分の名前は好きだけど、そうじゃないだろう。私が私であるということを、最も的確に定義しているのが名前だと思ったのだ。「私は○○が好きだ」とか「私は大雑把だ」とか、そんなもんじゃ足りない。その時はそれがうまく説明できなくて誤魔化してしまったのだが(ちなみに授業の目的は覚えていない)。
 でも、名前だけじゃもちろん私が「私」であるということには足りない。何で私に生まれてきちゃったんだろう? 何で私はあの子じゃなかったんだろう? どうしてあの子にはなれないんだろう? そう考えたことは数知れないが、絶対に私が「私」以外になれないことは直感的に分かっている。私は、私という視点が「私」と他人を区別してると思ってた。それが、<奇跡>? でも、それって「魂」であって<奇跡>とは違うの? 難しいー。
 P85の、「自我同一性に関する、永井・榑林説」も、途中までは頷けた。私の記憶云々じゃなくて「私」が苦痛を受けたくないのだ。六段階の、身体も記憶も交換してしまうってことは、私が他人になるってことじゃないのかな。「私」は移動できないのかな。他人の身体に他人の記憶でも、「私」なのかな。それって一体「私」なんだろうか?
 それ以降はあまり理解できていません(笑)
 悪いことをしてはいけない、という方は私もぼんやりと同じようなことを考えていた気がするようなしないような。こっちの方が筆者の言う通り断然簡単ですね。
 んでもって自分の行動は自分で決定する限り人は我がままと言えるのよね。私は他人に自分をワガママだと言うけれど、どちらかといえば八方美人と称されることが多いのは(笑)その方向に持っていくという意図のもとに行動を決定しているから。私はそれをワガママと言ってはいけなかったかな。ワガママに見えないように我がままであるというか(笑)わけわかりませんね。
 自分がなぜ存在するのか、考えていると段々病んでいきそうで怖いなあ。それこそ自殺しそうだ。
| 神話・宗教・思想 | 01:09 | comments(0) | trackbacks(1) |
玄侑宗久『お坊さんだって悩んでる』  ★★★★
お坊さんだって悩んでる
お坊さんだって悩んでる
玄侑 宗久
 弱者への労わりを制度化するということは、周囲の個人のなかに労る気持ちがなくなっても大丈夫、というシステムを作ることです。そんなことを制度化するから、気持ちの方が萎えていくのでしょう。

 お守りやお札に込められた祈りはあくまでも全体性の調和。自分は確実にそのなかにいるのだと、信じるためにいただくのがお守りやお札ではないでしょうか。
 死んでしまえばどう思うこともできませんが、死なない限りは、脚や視力や聴力を失ったとしても、あなたは自由であり得るのです。

 どこぞのブログでお薦めされていたので借りてみた。とても善い問答集でした! 私は日本で生まれ育ったので、仏教や神道に対しては宗教に抱きがちな胡散臭さがないんですよね。だからすんなり受け止められたし、仏教の考え方は素敵だと思えた。先日、動物遺体運搬業に携わろうかなんて言ってたこの口で、出家するのもいいかもしれないと言いますよ(笑)
 お葬式、お墓、ペットの埋葬問題から、死刑やボランティアへの考え方まで、お寺に持ち込まれる様々な悩みに玄侑和尚が答えます。ややこしい現代を生き抜くための道標となる人生問答集。(カバー折り返し)
 全てお坊さんが発した問いにお坊さんが答えてる。そうか、お坊さんも悩んでいるんだね……とタイトルを噛みしめたくなります。投げかけられる問いは、私たちが日ごろ疑問に思うようなことばかり。一つ一つに丁寧に、大抵は優しく時には厳しく答えていきます。何だか全てを包み込むような暖かいものを感じます。
 なかでも靖国参拝に対する意見はとても腑に落ちました(「腹でわかる」日本人ならではの表現よねこれも)。私は他の国があんなに嫌がってるなら公式に参拝するのなんてやめればいいのに、と考えるだけだったけど、参拝自体が悪いのではなく説明が足りてないのかもね。
 運命に身を任せる部分と、努力でどうにかなる部分とをきっちり見分けていきたいものです。現代日本で乞食をやるのは大変だし(笑)私はたくさん欲を持っている。ま、どんな自体に陥っても、私は自由であり得るみたいなので、気を楽に持ちますか。
続きを読む >>
| 神話・宗教・思想 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤原正彦『国家の品格』  ★★☆
国家の品格
国家の品格
藤原 正彦
 猛烈な胡散臭さに襲われてしまった。それというのも、私が最近著者と同じく日本万歳な気分に陥っていたのだけど、米原万理『魔女の一ダース』内でこんなことを言っていたからだ。
 本来人間は生命体固有の自己保存本能を持っており、その意味では極めて利己的かつ自己中心的な存在である。基本的には自己、自己の身内、自分の村、自分の民族というふうに自分に関わりが深い順に大切にする。だから、生まれ育った国を愛するというのは、極めてい自然な感情なのだ。したがってそれをわざわざ大声で主張したり、煽ったりするのは、ちょうど性欲を煽るようにいお手軽でいかさまな行為だという意味ではないだろうか。

 一時間もあれば読めるので、一読の価値はあるかも。
続きを読む >>
| 神話・宗教・思想 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
阿刀田高『旧約聖書を知っていますか』  ★★★
旧約聖書を知っていますか
旧約聖書を知っていますか
阿刀田 高
| 神話・宗教・思想 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
井上順孝『図解雑学 宗教』  ★★
図解雑学 宗教
図解雑学 宗教
 思い立って宗教を勉強してみようとした。私は主だった宗教の信者は何を信じ何に拠っているのだろうというのが知りたかったのだが、本書は割と歴史的な側面から見ていたのでニーズに合っていなかった。でも、世界の宗教の全体像みたいなものが掴めてよかった。一冊で宗教を理解しようというもくろみがまず甘いということがわかった。
| 神話・宗教・思想 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) |