Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
大崎善生『アジアンタムブルー』  ★★★
葉子を癌で失ってからというもの、僕はいつもデパートの屋上で空を見上げていた―。万引きを犯し、衆人の前で手酷く痛めつけられた中学の時の心の傷、高校の先輩女性との官能的な体験、不倫による心中で夫を亡くした女性との不思議な縁、ファンの心を癒すSMの女王…。主人公・山崎が巡りあった心優しき人々と、南仏ニースでの葉子との最後の日々。青春文学の名作『パイロットフィッシュ』につづく、慟哭の恋愛小説。(Amazon)

 ユーカが展覧会の話をしだしたときに何だかんだでこみあげるものがあったんですけど、主人公と葉子が何の不自由もなくフランス人と会話しているのを読んで目が覚めてしまった。英語じゃないと思うんだ。英語じゃない言語をあれほど流暢に操る日本人って、本当に滅多にいないと思うんだよ。思えば、彼らがヨーロッパで撮影旅行を敢行したときも、一体誰が相手を集めるんだよ、夢物語じゃねーのかとケチをつけていたんですけど。
 パイロットフィッシュより文章がこなれて、構成的にも読みやすくなってるのは感じる。パイロットフィッシュは結構場面の切り替わりが多くて混乱したような覚えが……。中身あんまり覚えてないんだけど、前作の時点で葉子の話出てたっけ? 続編て形で繋げてよかったのかこれ。パイロットフィッシュ⇔アジアンタムブルーの登場女性について互いに言及してる場面が全然ないように思えるんだけど……?
 黙っていれば学校一の美人に性器を見せてもらえるというのは一体どういうわけなのだ、という無粋なツッコミをこの手の話でしてはいけないんだ……笑 あら、映画化されてたんですね。ニースに行きたくなりました。

 私が今第2(触れた順序でいえば4)外国語にものすごい苦労しているから余計に思うんですけど、いくらフランス語がアルファベットを用い、英語と似通っている部分がある言語とはいえ、主人公のフランス語力は留学経験があるくらいじゃないと説明がつかない。百歩譲ってミシェルがある程度の英語を解し、葉子の英語での告白を理解したということはあるでしょうが、タクシードライバーがあそこまでの英語を喋ることはきっとないだろうし、なんで、そんなにスムーズにしゃれた会話をしているんだ奴らは……。しかし「ジョークはうざいけどいいヤツだよ」とドライバーをユーカに紹介していることから、ドライバーはかなり流暢な英語話者と考えるのがよいのか? それともフィクションなんだから言語は関係ねえと切り捨てるべきなのか? 現代小説でそれをしろというのか? 当該言語についてある程度基礎のある状態で、一ヶ月暮らしたら、そりゃかなりの上達はするだろう。しかし、しかしだな……リスニングはまだしも、スピーキングを、33歳の一ヶ月であそこまで上達させるのは私は不可能だと思う。こんな些末な点にケチをつけるなという向きはあるでしょうが、俺にくれよその語学力!!!(本音)
 でも文章はとてもよかった(よくなった)と思うし、これがデビュー2作目だとしたらすごい。今Wikipediaを観たらこれは三部作らしく、明日もう一冊買うかどうかちょっと迷ってる。
 大崎善生、自分でも海外放浪するような人で、早稲田卒で、村上春樹好きで、どうやらインテリだ……笑 フランス語くらい喋れて当たり前的な世界から来たのか。
| 現代小説(国内) | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
大崎善生『パイロットフィッシュ』  ★★★
人は、一度巡りあった人と二度と別れることはできない―。午前二時、アダルト雑誌の編集部に勤める山崎のもとにかかってきた一本の電話。受話器の向こうから聞こえてきたのは、十九年ぶりに聞く由希子の声だった…。記憶の湖の底から浮かび上がる彼女との日々、世話になったバーのマスターやかつての上司だった編集長の沢井、同僚らの印象的な姿、言葉。現在と過去を交錯させながら、出会いと別れのせつなさと、人間が生み出す感情の永遠を、透明感あふれる文体で繊細に綴った、至高のロングセラー青春小説。吉川英治文学新人賞受賞作。(Amazon)

 iPhoneで読み始めてから一度もTwitterをのぞかないくらいには集中させてくれる話でした。まあ女性の書き方については……さておこう?笑 春樹とその近辺を何と無くは読んできているからある程度の免疫はついている。五十嵐と早苗さんがよかったです。というか文人出版の面々は何かよかったですね。読んだことのない作家の小説を読むというのは(大方)楽しい経験です。せっかくなので続編も読もう。
 でもやっぱり小説は紙で読みたいアナログ人間……紙で読んだらもっと良かったんじゃないかとも思うし……。
| 現代小説(国内) | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
金原ひとみ『TRIP TLAP』  ★★
金原 ひとみ
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 596
(2013-01-25)

中学校にも行かず半監禁状態の同棲生活。高校は中退しヤクザに怯えながらもナンパ男を利用して楽しむ沼津への無銭旅行。結婚後、夫への依存と育児に苦しみながら愛情と諦念の間を揺れ動くパリ、ハワイ、イタリアへの旅。そしてふと生きることに立ち止まり、急に訪れる江ノ島への日帰り旅行。少女から女、そして母となりやはり女へ。転がる石のようなマユがたどる6つの旅の物語。第27回織田作之助賞受賞作。(Amazon)

 最後まで一向に乗れなかった。依存体質の女性が主人公で、旅に出てる連作短編なんだけど。子供の話だけは身近に感じた。文庫の装丁かわいいな(なるべくハードカバーを借りて読んでいる)。
| 現代小説(国内) | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
本多孝好『MEMORY』  ★★
葬儀店のひとり娘に産まれた森野、そして文房具店の息子である神田。同じ商店街で幼馴染みとしてふたりは育った。中学三年のとき、森野が教師に怪我を負わせて学校に来なくなった。事件の真相はどうだったのか。ふたりと関わった人たちの眼差しを通じて、次第に明らかになる。ふたりの間に流れた時間、共有した想い出、すれ違った思い…。大切な記憶と素敵な未来を優しく包みこんだ珠玉の連作集。(Amazon)

 このシリーズよほど当たったんだな、三冊目が出ているとは。私は『MOMENT』は好きだったので実家に本があるような気がする。つーか一時期すごく好きだったんだよこの人の文章。笑 『MISSING』『FINE DAYS』『MOMENT』は今も好き。
 割と小手先で書いてる感じはあるよね、前からかもしれないけど、この本は特にあったような。作家としては嫌いじゃないんだけども、家父長制前面に押し出してくるところははっきり嫌い。「男らしくなんかない、女々しい」って女視点で言わせるなよー。『at Home』はまさに地雷だったからなー。でも昔好きだった作家としてなんだかんだで既刊は一冊覗いて読んでるんだよな。超能力シリーズの3巻も転勤前に読んでおくかあ。そしたらコンプリートだな。
| 現代小説(国内) | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』  ★★★
「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろうと思う」。わたしは、人と言葉を交わしたりすることにさえ自信がもてない。誰もいない部屋で校正の仕事をする、そんな日々のなかで三束さんにであった――。芥川賞作家が描く究極の恋愛は、心迷うすべての人にかけがえのない光を教えてくれる。渾身の長編小説。(Amazon)

 この本、ヘテロの恋愛話になりませんようにと祈りながら読んでたから、主人公にとって特別な女の子が出てきた! と喜ぶやいなや男が出てきて残念だった。典子とセックスしたんじゃないんかい。私は石川さんみたいになりたい人間なので、恭子さんのくだりはむーんとしましたね。石川さんみたいになりたいけど、入江さんみたいに自分について話すのはたいして面白くないし苦手で、読んでて色々とつままれるとこがあるな。でも川上さん自身は好きになれないんだ、なぜなら津原さんの盲目的で感情的なファンだから。笑 ……川上さん、仕事をしていない主婦にたいして何か含むところがあるのかしらね。
 最後の聖は怖かった。何でああいうキャラ付けになってしまったんだ。ひたすら爽やかであってほしかった。ああいう女の人には他人に憎悪を向けずに生き通してほしかったよ。そんなことをせずにも生きられるはずなんだよ。しかし結局百合みたいなオチになったな。笑
| 現代小説(国内) | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
川上弘美『天頂より少し下って』
“ふたたび恋を始めたのは、三十代の半ばころからだったか。その夏はじめてのプールにつかるときの感じだったな、あれは、と真琴は思う。まだ濡れていない体と水着でもってプールの中へ入ってゆくときの、気持ち悪いような、でも思い切って水に入ればすぐにやってくる解放感、久しぶりに男の人のくちびるを自分のくちびるに感じたときの、違和感と安心感が混じりあった感覚は、それにそっくりだった。”奇妙な味とユーモア、そしてやわらかな幸福感。少女から大人の女まで、多彩な主人公たちが登場する傑作ぞろい―川上マジックが冴えわたる、極上の恋愛小説全七篇。(Amazon)

 不倫がなかったので最後まで楽しく読みました。ただ最後の表題作は若干気持ち悪かったです。息子と恋人とを並列に並べられるのなんか厭だわ、自分が親なわけでもないのに。
| 現代小説(国内) | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
川上美映子『愛の夢とか』  ★★
川上 未映子
講談社
¥ 1,512
(2013-03-29)

あのとき、ふたりが世界のすべてになった。なにげない日常がゆらいで光を放つ瞬間をとらえた、心ゆさぶる7ストーリーズ。(Amazon)

 主婦ひいては女への悪意が感じられるんだけど。笑 女VS女の構図を作り出したかったのかな、特に「お花畑自身」。私の感覚としては「自分の状況を誰かに丸投げできる」感じが理解不能、という側に近いんだが、それは20年の世代差があればある程度当然だろう。気持ち悪い短編集だな、というのが率直な感想だし、こういう読後感を狙ってたんでしょう。
| 現代小説(国内) | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
筒井康隆『男たちのかいた絵』  ★★★☆
おくびょうで意気地なしでも、拳銃片手に怖いものなし――チンピラやくざの、カッコいい兄貴分へのあこがれが、屈折した心情に映し出される時、オナニズム、同性愛、エディプス・コンプレックス、多重人格などの持主を主人公にした、筒井康隆の強烈な世界が展開される。『夜も昼も』『星屑』『二人でお茶を』など、ジャズのスタンダード・ナンバーにのせておくる奇妙な味の連作小説集。(Amazon)

 最初、誤ってトヨエツの写真付きのやつを借りてしまった……二重人格の話はどうみてもやおいで面白かったけど……笑 まあ、全部JUNEでしたね。
| 現代小説(国内) | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
江國香織『神様のボート』  ★★★★
昔、ママは、骨ごと溶けるような恋をし、その結果あたしが生まれた。“私の宝物は三つ。ピアノ。あのひと。そしてあなたよ草子”。必ず戻るといって消えたパパを待ってママとあたしは引越しを繰り返す。“私はあのひとのいない場所にはなじむわけにいかないの”“神様のボートにのってしまったから”―恋愛の静かな狂気に囚われた母葉子と、その傍らで成長していく娘草子の遙かな旅の物語。(Amazon)

 夢みたいな暮らしをする(半分皮肉)母娘の話なので神妙な顔になってしまう。わたしだって、娘を産んでふたりで夢みたいな暮らしをしたい……。しかし江國さんは不倫が好きだなあ(語弊を招く感想)。川上さんもその手の話をよく書くよなあ。
 全体としてはいい本だった。ママもあたしの宝物、はやっぱりぐっときた。
| 現代小説(国内) | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
江國香織『流しのしたの骨』  ★★★★
いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな‘小さな弟’律の四人姉弟と、詩人で生活に様々なこだわりを持つ母、規律を重んじる家族想いの父、の六人家族。ちょっと変だけれど幸福な宮坂家の、晩秋から春までの出来事を静かに描いた、不思議で心地よくいとおしい物語。(Amazon)

 姉妹(+小さな弟)と家族の話というと細雪を連想してしまうわけですが、わたしは細雪が退屈で読み終われなかった女だ。こっちは短いしさらっとしているし、律くんという性を感じさせない弟属性の男の子がかわいくて、読み終わりました。かわいい本でした。
 文庫版、解説ではない解説を書いた人が言っているように、私も実家にいた時代、とくに子供のころを思い出して懐かしみに浸った。国旗の絵本、うちにもあったよー。めっちゃ覚えたよ。マリという国がアフリカにあるので、いつも他人事ではない気分でいたよ……。
 しかし江國さんの弟属性男子は素晴らしいですね。なんと害のなさそうな。こと子ちゃんの彼氏もセックスしておきながらまったくマッチョイズムを感じさせない。ただ家父長制そのものが描写されるとウッてなるんだけどね。しま子ちゃんのお幸せをお祈りいたします。
 そよちゃん、さらっと妊娠してシングルマザー宣言うらやまry
| 現代小説(国内) | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) |