Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
松浦理英子『セバスチャン』  ★★★
あなたにとって世界とは佐久間背理なんでしょう?…麻希子は大学を辞めた今も、同級生だった背理と「主人と奴隷」ごっこの関係を続けている。そんな麻希子の心に“身体的不自由”を武器にした少年が入り込み、やがて友人律子を巻き込んで三人の充足した日々が始まるのだが…未分化で豊かなセクシャリティを鮮烈に描く初期の傑作長篇。(Amazon)

 これはそこまで好きではないけどラストの泣き出すところは好き。
| 現代小説(国内) | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
次々に書かれる短篇小説と、それに対する歯に衣着せぬ感想コメント。やがて感想は厳しい質問状となり、しだいに青春をともにした二人の中年女性の愛憎交錯する苛烈な闘いが見えてくる―。家族でも恋人でもなく、友達に寄せる濃密な気持ちの切なさ、そしておかしさを、奇抜な手法で描いた現代文学の傑作。(Amazon)

 原稿の燃料にと読み始めたのだが面白くて全部読んで最後は感情的になった。最初に読んだときからずっと松浦さんの中で一番好きだ。
| 現代小説(国内) | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014年まとめ
マリオ バルガス=リョサ
新潮社
¥ 3,024
(2010-12)

 まだ早いけど思い立ったら記事を立てないと忘れるんだ。
 JUGEMがロリポップに吸収されたあたりから商品引用をうまくコントロールできなくなってしまって悲しい。どうして1冊ずつ分けて表示させてくれないの。しかも3冊が上限だそうで。


津原泰水『読み解かれるD』  ★★★★☆
 まずは津原さん、クロクロシリーズ完結おめでとうございます!!! 今年2月に買って以来、ことあるごとに読み返しております。男性陣のキャラ立てがいつもながら素晴らしい。鋭夫くんと史朗くんは津原史に残るオタク女子ホイホイですね。こんな感想しか言えずに申し訳ございません、最後の最後のページ配分よくぞやってくださいました。シリーズ読み始めたときは何でこんなに字がデカいのか、改行が多いのかとあまり好きじゃなかったんだけど、気づいたら大好きです。史朗くんを独身のままで終えてくださったことに感謝します。陽介くんもよかった!

ミランダ・ジュライ『いちばんここに似合う人』  ★★★★★
 次にミランダ・ジュライ。これは話題になってたから気になりつつも、なかなかとっつきにくくて読むのが遅くなった。もっと早く読めばよかった。地雷の多いフェミニストにとって安心して読める一冊かと。しかし本来は映画の人のようで、次作が出る気配がないのが大変残念です。こんなに小説が上手いのにっ……!

マリオ・バルガス=リョサ『都会と犬ども』  ★★★★★
 読もう。まずは読むんだ。話はそれからだ。もんどりうって奴隷!!! と叫ぼうではないか。こちらはホモソーシャル全開なのでそのへんのガードはきちんとして読んでください。今年読んだ中でダントツ面白かったです。これだから小説は! ノーベル賞作家に対して何を言ってんだって感じだけどね! でもリョサは絶対これから読むのがいいよ!


 今年は仕事の都合で中国に引越をしまして、日本語の本が手軽に入手できなくなってしまった。電子書籍もトライしてみたんですが、漫画はいけても小説は頂けませんでした。今は家族や友達に持って来てもらったり、帰ったときに買い込んだりしている。3年後には図書館とバスタブのある生活に戻りたい。
| ----年間ベスト | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
レイモンド・チャンドラー『さよなら、愛しい人』  ★★★★
刑務所から出所したばかりの大男へら鹿マロイは、八年前に別れた恋人ヴェルマを探して黒人街にやってきた。しかし女は見つからず激情に駆られたマロイは酒場で殺人を犯してしまう。現場に偶然居合わせた私立探偵フィリップ・マーロウは、行方をくらました大男を追って、ロサンジェルスの街を彷徨うが…。マロイの一途な愛は成就するのか?村上春樹の新訳で贈る、チャンドラーの傑作長篇。(Amazon)

 かなりの時間をかけて再読終わり。一年前とかに読んでるはずなのに、最後こんなオチだったっけ、と驚けた。
 このシリーズの文庫の装丁いいよな。とくに本書はハードカバーがいけてなかったからw 私はとても好きだよ。全部集めているので引き続き訳出してほしい。
| ハードボイルド | 02:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
有川浩『フリーター、家を買う』  ★★
就職先を3ヵ月で辞めて以来、自堕落気儘に親の脛を齧って暮らす“甘ったれ"25歳が、母親の病を機に一念発起。バイトに精を出し、職探しに、大切な人を救うために、奔走する。本当にやりたい仕事って?自問しながら主人公が成長する過程と、壊れかけた家族の再生を描く、愛と勇気と希望が結晶となったベストセラー長編小説。(Amazon)

 友達がくれたから読んだ。最初は有川さんってこんなに文章っていうか小説うまくなかったっけ、と思ったけど、一気に読ませるところはさすがだなと思った。話に勢いはある。でも小説としてはデビュー直後のSF3作の方がよくできてないか? と思わずでもない。Web連載の形をとっていたから、ってわけでもないと思うんだけどなー。まあ私が有川浩読んでたの十年前だから記憶を美化しているところはある。彼女のラブ部分はいつ読んでもあまり好きじゃないな。笑 『海の底』だってメイン二人のやおいのみでもよかったじゃないかと今更ながらに……。
 全体的に懐かしさを覚えつつ読みました。ラブパートの、お互いの言葉をこう重く取りすぎるようなところとか、図書館戦争を思い出しました。あれも最初は面白く読んでたんだけどいかんせんラブが濃くてだな……恋愛小説が苦手ってわけじゃないのだけれど。多分。多分な。
 面白い面白くないで言えば面白かった、しかしキャラ造形にはあまり魅力を感じない(豊川が一番ポイント高かった)、好きかどうかと言われたら別に好きじゃない、というのが率直なコメントです。文章の美しさとストーリーだったらストーリーを優先させた読者である、というのを自覚する一冊だった。
 ……思い出したわ有川さん苦手になった理由! 二次創作へのスタンスを表明したとこだわ! あーそうだそうだ。
| ミステリ・エンタメ | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
村上春樹『色彩を持たない田崎つくると、彼の巡礼の年』  ★★★☆
良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。(Amazon)

 何だこの紹介文w
 一気に読めるボリュームで、一気に読ませるだけのテンションも保った本だったと思います。何よりわかりやすかったね! 春樹を拾い読みしては内容を忘れているのですが、いくつか読んだ中でもぶっちぎりで大衆向けなのでは? 『ノルウェイの森』はさておき。
 ミステリ仕立てで読んでいてわかりやすく、文章も一人称ではないから比較的さらっとしている。台詞はいつもの感じ。極めて当たり前の事実だが文章がうまい。笑 一人称だと鼻につくところがあってあまり意識できなかったけれど、三人称だと地の文にとらわれることなく(春樹チルドレン好きなので本家もそれなりに好きなのだ)読み進めて行けるな。翻訳される理由がちょっとわかりました。紗羅とのこともあれしてほしかったが、まあ蛇足でしたのでしょうね。
 結論としては楽しんだ。面白かったです。
続きを読む >>
| 現代小説(国内) | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
津原泰水『赤い竪琴』  ★★★★☆
 いつ読んでも毎回泣くんだけど、今回は「仕事なんて(中略)一時的にスランプにおちいったって、本人がしあわせな気分だったら、いずれ克服できるでしょって私思うんです」と瑞枝ちゃんの言うくだりで泣きました。心の鏡だなw
| 恋愛小説 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリストファー・プリースト『逆転世界』  ★★★★
クリストファー プリースト
東京創元社
¥ 1,188
(1996-05)

「地球市」と呼ばれるその世界は、全長1500フィート、七層から成る要塞のごとき都市だった。しかも年に36.5マイルずつレール上を進む可動式都市である。そんな閉鎖空間に生まれ育った主人公ヘルワードは、成人を迎えた日に初めて都市の外へ出ることを許された。だがそこで彼が見たのは…月も太陽もいびつに歪んだ異常な光景だった。英国SF協会賞に輝く、鬼才の最高傑作。(Amazon)

 双曲線って何だっけ? と思いつつもググらずに頭に反比例のグラフを浮かべて『逆転世界』を読んだ人が自分だけじゃないと思いたいのだけれど……笑
 しかしこの人はよくこんなことを思いついたもんだよね。津原さんの帯でもこれぞ奇想ってあったけど。語り口はとても読みやすく、都市の世界観や描写も幻想SFっぽいわあ〜と大変わくわくしました。SF慣れしてない人でも入り込みやすいのではないか。何の説明もなしに話が始まるけども、それはSFに限ったことじゃないし。表紙の絵は読者を大いに助けていると思います。有難うございます。
 アイディアだけを披露するんじゃなくてしっかり叙情が書けるところがプリーストの美点なのかな〜。過去ログ調べたら『奇術師』と『限りなき夏』は読了済みだったんだけど見事に何も覚えてない。本当に何も覚えてなさすぎて自分で自分が信じられない……これぞ認識の変革……(違います)。
 冗談じゃなくせめてパラダイムシフトくらいは知ってないと困るよな、本書を読むにあたっては。そして双曲線のグラフをググってから読むべきだった、大変もったいなかった。それでもエリザベスが某国名を出したときはうわ〜〜ってなったよ一応。最後の風景も哀惜があってよかった。再読したらもっと伏線に気づけるのかもしれない。できないだろうけど映像化してほしい。笑
| SF | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
山内マリコ『ここは退屈迎えにきて』  ★★★
そばにいても離れていても、私の心はいつも君を呼んでいる―。都会からUターンした30歳、結婚相談所に駆け込む親友同士、売れ残りの男子としぶしぶ寝る23歳、処女喪失に奔走する女子高生…ありふれた地方都市で、どこまでも続く日常を生きる8人の女の子。居場所を求める繊細な心模様を、クールな筆致で鮮やかに描いた心潤う連作小説。(Amazon)

 これ、感想を書こうとしたら自分語りになるから何も書けないパターンだわ。
 私は埼玉の南の方の田舎で生まれ育ったので、中学の友達はこの本の「田舎」の人みたいにみんな地元で結婚して子供を産んで、中学時代のスクールカーストをまだまだ引きずってって感じだけど、関東圏だから「東京」にはいつでも行ける、という環境だった。東京」への距離が近いからって「田舎」は「田舎」なんだよなあーというか、まあ、結局は生まれた家の金銭的な程度と本人の偏差値が全部なのかしらんと思ったり思わなかったりですよ。
 サブカル女子ではなかったけどもw、色々とえぐられる部分がありました。椎名みたいな男子はきっとどこの学校にもいて輝いてたんだろうね。最後の話の「チンコを使わないセックス」で女性同士のそれが出てこなかったことに驚きを禁じ得ないけど、私も女子校でひたすら彼氏を欲しがっていた頃は自分がヘテロセクシャルであるという確信があったからきっと微塵も考えなかったな……と懐かしく思いました。
 ブレンダのエピソードには刺された。クールアジアンにならないとスクールカーストの底辺にいるしかないの、ほんとにそうだろうなと白人社会に行ったことないけど思うよ笑 クールアジアンになったところでトップを取れるわけでもないしね。クラブに行くとクールアジアン女性がたくさんいて「なぜみんなああなるんだろ」と話したこともあったが、コーカソイド社会でのイケてるアジアン像があれだから、そっちをメイン環境にしたかったら寄っていくしかないんだな。
 文章的にはすごく勢いがあって砕けていて、書くの早いのだろうか……と勝手に思った。好きな文章ではないけど、勢いは見習いたい。でもそういう部分は頭で考えてもだめよねw 「16歳はセックスの齢」でR-18文学賞を取ってデビューとのことだから、椎名くんの使い方は応募前から練ってたんだろうな。
| 現代小説(国内) | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
津原泰水『妖都』  ★★★★
“死者”が東京に増殖し、街に自殺者が溢れ始めたのは、CRISISのヴォーカリスト、チェシャが自殺してからのこと。両性具有と噂された美しく妖しい彼が遺した歌「妖都」は、ヒットチャートを上昇中。“死者”が見える少女たちを取り巻く恐怖と加速する謎。明らかになる巨大な真実。世界をも震撼させる怪奇幻想小説の傑作。 (Amazon)

 面白かった……記憶にあったより数段面白かった……泰水名義のこれまでの著作を『ペニス』以外読んでいるから楽しめた部分もある(クロクロのあとがきとの比較とか、大宮の伯爵とか、自転車好きだよなとか)けど、エンタメとしてとても面白かったですね。一気に読んだわ。一人称じゃないやつはストーリーに徹している感があるねえ。『少年トレチア』もこんなんじゃなかったっけ。私は叙情のある一人称の文章が大好きなんだけども。
 解説の、「南米文学に近い物に感じる。幽霊が日常生活の中で、当たり前に、空気のように生者と共にある世界」というのに膝を打ちました。確かにねー。みんなそこまで驚かずに馴染んで行くよね。
『バレエ・メカニック』と同じ東京という都市全体の機能感だったり、渋谷区の大学って出身校でしょ? と思ったり、やっぱりバンドの話が出てきたり、同性愛や近親相姦への「禁忌」(同性愛に対しては皮肉です)が希薄だったり、あとはもちろん神話に取材してたり、デビュー作に全部詰まっているというのは本当だなあと思いました。少女小説は読めてないんだけども。
| 怪奇幻想 | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) |